GW 初日

GWの休みが彼女とあったので、中部地方(名古屋と岐阜)に旅行に出かけた

 

本当は南国に行きたかったのだけど、GW中は料金がバカ高いので断念した。 

 

 

 名古屋に新幹線で向かったのですが、新幹線内で軽くアルコールとつまみを頬張りながら交わす会話も遠足を思い出していいものです 子供のときにアルコールはなかったけど

 

 

 新幹線の窓から富士山もみえました。

 

 

名古屋駅について 初日はひつまぶしを食べにいく以外ノープランだったのですが、せっかくなので名古屋城にいくことになり荷物をコインロッカーに入れようと名古屋駅の空いているコインロッカーを探したのですが、空いているコインロッカーが全くないことに気づきました。

駅構内のコインロッカーを1時間以上かけて探したのですが空いておらず 仕方なく地下鉄の一駅先の駅のロッカーなら空いているんじゃないかと行ってみたらビンゴで空いてました

 そして名古屋城 はっきりいって 私はコインロッカー探してさらにそこから名古屋城まで歩いていったのでヘロヘロでした。 彼女は歯科衛生士で立ちっぱなしの仕事だからなのでしょうか? けっこう平気そうにしていて同い年なのに体力の違いを感じさせられた瞬間でした

 加藤清正像 なんか串系の食べ物持ってるみたいにみえる!

 

あらかた名古屋城を見尽くして、本日本命のひつまぶしに行くことにしたのですが、

歩いていく気力が私には残っていなかったのでタクシーで行くことにしました。

 

ひつまぶしでは蓬莱軒が有名だと聞いていたので

「蓬莱軒にお願いします」とタクシーの運転手さんに話したら名古屋駅から近い蓬莱軒ではなく、数駅離れた本店の方につれていかれてタクシー代もったいないことしてしまった・・・・

 

名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」

 

さらに蓬莱軒本店めちゃ並んでて1時間以上待つはめになってしまったorz

予約の登録だけして

その間 熱田神宮に行って時間を潰したりして

時間にお店に入り、空腹がピークだったので先にチーズの天ぷらの盛り合わせがおいしそうなので頼んだ

(いろんなチーズの天ぷら)1200円

そして私にとって今回の旅の大本命と言っていい

ひつまぶし!3,600円(税込)+肝吸い250円

 

ひつまぶしの鰻は蒸さずに焼いており香ばしく、ご飯もタレがしみこんでいて単体でも食べれるぐらいおいしいです。

最初は、薬味等何もいれずお椀によそって食べ次にねぎや海苔を入れて食べる

 

そして 最後にだし汁を入れて食べる

 

 あと、

肝吸いはやはり化学調味料を使っていないからなのか

私にはかなり薄味に感じました

 

彼女の分も含めると(3600円+250円)×2天ぷら+1200円=8,900円かかりましたが

私的には今回の旅の大本命でしたので、必要出費ですしその価値はあるおいしさでした

 

 

 

スポンサードリンク