GW 2日目 関ヶ原

5月4日

前日は、岐阜 のとあるホテルに泊まりました。

ほんとは名古屋のホテルに泊まるのがよかったのですが、

 GWで3月末時点で開いているホテルがほとんどなかったので・・・

 あと彼女が大浴場を希望していたので、それを満たすのは岐阜のホテルでした

 

ただ、浴場はあまり大きくなく、さらに初日の女風呂は、さらに小さい方だったらしい

 

 

名古屋は喫茶店のモーニングが充実していると評判なので行ってみたかったですが、

昨日長旅で疲れているのでホテルのバイキングで済ませました

 朝食バイキングも、メニューで表示されているのに出ていないものが多かった

 ベーコンかソーセージが食べたかったけどメニューには表示されていたのに出ていなかった これって景品表示法違反じゃない?

 

 

 2日目は彼女の希望の関ヶ原です。

彼女は 大河ドラマ黒田官兵衛とか好きらしく、戦国バサラで大谷吉継が好きらしくその場所を見たいとのことで関ヶ原に来た次第です

 関ヶ原は有名ですが、関ヶ原駅周辺はホントなにもないです。

実家の地元よりなにもないです。

 

電車も30分に1本というレベル

とりあえず 特にプランを決めずに来たので 駅前にあるお土産屋のベンチで抹茶オレを飲みながら観光パンフレットをみて 観にいく順番を考えたのです・・・

 

歩いて回るの無理な広さだったので、自転車レンタルを借りようとしたのですが、

さすがGWらしく 自転車はすべて貸出状態でした。

 

彼女が行きたい大谷吉継の陣地は自転車がないといけない距離なので

とりあえず近場の歩いていける場所を回って、戻ってくるころに自転車が帰ってきているといいねという形で近場を歩いてまわりました。

 

関ヶ原の地元はけっこう石田三成 押しだった。資料館や 看板を見ても石田押しで家康下げな文章が散見していました・・・・

歩いてまわったのですが、黒田長政とかの陣地は山の中でけもの道的なところも多かった

クマも出るんかい!

 

 石田三成陣地(丘の上)から撮影

近くの学校(小学校?)らしいところは廃校になっているようでした。

 

過疎化が進んだ限界集落のような感じを漂わせているねとお互い話していましたが、

ただ、名古屋にも京都にもすぐいける立地の為か 大きな工場がちらほらあったのでまだ立地的な意味で恵まれた環境ではあるのだろうなあと思った

 

ただ、日常品などを描く店が全然なくてスーパーらしいところは1店ほどが駅近くにあるだけで買い物とかはすごく不便なんだろうなあ

ただ、関ヶ原という知名度の為か 昼食できる飲食店は結構ありましたし、どこも混んでいるような感じでした。

 

そろそろ自転車戻っているかなと自転車レンタルしているところまで戻ってみたのですが、自転車なかったらタクシー使うしかないねと話ながら戻りました

 三成押しであることがわかるタクシー!

 

 幸いにも、自転車が調度2台戻っていたので、それを4時間@500円×2 借りました

まずは、腹ごしらえで蕎麦屋に行きました。

こんな閑散とした町に比べてといっては失礼ですが、満席で30分以上外で待たされました

頼んだのは天ざる 1450円を注文!

天ぷらもサクサクで美味でした。

 

食べ終わったら、 島津豊久のお墓に行き

 

 

最後に大谷吉継の陣地とお墓をみに行った

大谷吉継の陣地とそのお墓は ほんと山の中で 道もけもの道でこれが雨の日だったら大変だなあと思った

 

 

大谷吉継とその部下 湯浅五助の墓

 ※湯浅五助

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%B5%85%E4%BA%94%E5%8A%A9

 

 その後、自転車を返して電車でホテルに帰りました。

 

夕食を近くの飲食店で食べてお風呂に入ろうとしたところで仕事用の携帯に着信があることを発見しました。駐車場でもめているらしい結論からうちは悪くないのだが・・・

 

対応するのがメンドクサイ とりあえずメールを送っておいて原因究明は、相手方の不動産会社にお願いした 休み明けに対応することになりそう。

 

転職して連休はとれるようになったけど、休みのときもちょくちょく仕事の電話がきたりする。

ほかの人だと休みの日は電源切って出ない人もいるみたいだけど、コールセンターじゃあ対応できないことが多いので仕方なしに出たりすることもある。

 

はあ、自由がほしい

 

スポンサードリンク