読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高田馬場で同い年の女性と飲む

ツィッター繋がりの方とプチオフ会というか

 

普通に飲み会に行ってきました 

 

 

場所は高田馬場にある焼き鳥屋さんです

tabelog.com

 

 

食べかけの画像で汚くてすみません。

 

 何度かオフ会でお会いしている方で、自分と同い年で

かわいらしい女性の方です。

 

沈魚落雁のような方、すみません それは言い過ぎでした(´・ω・`)

 でも、かわいらしい方ですよ

 

 

あとなんと この方 同じ業界の方です。

実はさらにいうとうちの支店は、その会社の代理店加盟してます

 加盟料というみかじめ料を払ってます

 

まあ、同い年の方なので、ジェネレーションギャップがなく

 同じ業界なので、共通の話題も結構あり、近況も大体知っている感じです。

 

でも、帰っていろいろと考えてみると何言ってたっけ?とか

 

ひょっとして、自分なり当り触りの内容にいろいろ話したつもりでも、酔った勢いで もしかしたら、相手を傷つけるもしくは不快にすること言ってたりしなかっただろうか? もしくは誤解を生むようなこといってないだろうか?とか いろいろ考えてしまうんですよね。

 

 多人数であったりするとそういうのは紛れるから、救われるけど、2人っきりだと会話のドッチボールになることがありますからね

 

女性はこういう、相手の気持ちを忖度したり、物事をオブラートに言ったりする振る舞いが出来る人が多いんだろうけど、男性は、こういったこと相手の気持ちを忖度することや共感したりすることが苦手な人が多いですよね

 

付き合いのある人間のスペックを自慢したり自分の感情を抑えられない人っていたりするでしょ そんな感じの男性少なからずいますよね。(特に自分のまわり)

 

やはり、歳を重ねて、恥ずかしいことと恥ずかしくないことが若い頃のそれと真逆になった。さらに被害者になる怖さより加害者になる怖さの方が今は嫌です

言葉の暴力の加害者にはなりたくないですね

 

失敗や自分の能力の低さに昔は恥ずかしさがありましたが、今はそういったことより、

虚栄心や自己顕示欲なんかを持つことに恥ずかしいと思うようになりました・・・

 

 今回の飲み会は急遽決まったのですが、実は、今回もう一人誘ったのですが、来れなかった人がいたので、その人も同い年の方なので、その人も誘ったのですが、行き違いがあったりでお会いできなかったので、次回、機会があったら飲めたらいいなあと思ってます。

 

飲み会は、焼き鳥もお酒もおいしくて、そのあと、ファミレスでお互い甘いものとコーヒーを飲んでお開きになりました。